フランス語で「Ruban(リュバン)」は、「リボン」という意味です。
Rubanに込めた想いとは・・・

開成・東大卒弁護士の勉強法【資格スクエア鬼頭先生】

moon
私にとってのリボンの持つ魅力は、「可愛らしさ」「お気に入り」「華やか」「特別感」「アクセント」というように様々です。
ワイヤークラフトも一つのアイディアで色々な表現ができます。
私にしかできない表現をできるようになりたい、誰かの「特別な一つ」を届けられるようなワイヤークラフト作家・講師になりたいとの想いを込めて、Rubanとつけました。誰かに贈りものを贈るとき、プレゼントに添えられるリボン。Rubanは、そんな気持ちを大切にしてひとつひとつの作品を心を込めて作り、送り届けたいという願いを込めています。

【速報】令和4年度司法試験予備試験短答式試験結果について

doll
リボン結び、という言葉があります。
このRubanには「結ぶ」という意味も込め、ワイヤークラフトを通しての出会いを大切にし、これからの「縁を結ぶ」という想いを込めています。

【司法試験 予備試験】社会人が2023年合格を目指すスケジュール